産経ニュース

ルネサスは66%最終減益 4~6月期、円高と熊本地震の影響で

ニュース 経済

記事詳細

更新


ルネサスは66%最終減益 4~6月期、円高と熊本地震の影響で

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスが10日発表した平成28年4~6月期連結決算は、円高進行や熊本地震による一部生産ラインの稼働が停止した影響で減収減益だった。最終利益は震災で68億円の特別損失を計上し、前年同期比66.6%減の99億円だった。

 売上高は当初想定より上回ったものの、震災による生産減などで15.2%減の1519億円だった。営業利益は42.7%減の185億円だった。

 ルネサスは6月開催の定時株主総会で決算期を3月末から12月末に変更した。今期は4~12月期の9カ月間の連結決算になる。

 通期予想は発表していないが、10日に発表した4~9月期の予想は、最終利益が円高進行を踏まえ、前年同期比80.0%減の115億円。4~6月期の為替レートは1ドル=111円だったが、7~9月期は103円に変更した。売上高は16.6%減の3010億円、営業利益は58.8%減の260億円とした。

 また、ルネサスは同日、売却を検討していた熊本の錦工場(熊本県錦町)について当面は事業を継続すると発表した。自動車向けの高品質な半導体の需要が増加しているのに加え、同社は後工程全体の再編を考えており、それを踏まえ、錦工場の在り方について再検討する。

「ニュース」のランキング