産経ニュース

地震速報→避難場所への道をスマホに通知 ベンチャーがアプリ試作

ニュース 経済

記事詳細

更新


地震速報→避難場所への道をスマホに通知 ベンチャーがアプリ試作

 災害対策ベンチャー「ポケットシェルター」(東京都港区、久保田春咲(あずさ)代表)は、緊急地震速報の発表に合わせて、スマートフォンの画面に近くの避難場所への経路を示す地図を表示する独自技術を開発し、特許を取得した。開発した技術は、米グーグルなどのスマホ用地図アプリに組み込むことも可能で、同社では特許のライセンス販売を検討している。

 ポケットシェルターは、開発した技術をもとに今月末に試作アプリを制作する。このアプリは、災害でインターネットにつながらない時でも表示できる簡易地図を内蔵。衛星利用測位システム(GPS)をもとに現在地とそこから最短の避難場所までの経路が、緊急地震速報の発表と同時にスマホ画面にプッシュ通知される。

 災害による地面の陥没などで1つの経路が通行できない場合に備えて、避難経路は複数表示される。東日本大震災で低地に避難して津波被害にあったケースがあることも考慮し、緊急地震速報メールの文面を自動で解析して津波の恐れがある場合には高台の避難場所を指示する。また、音声で避難場所へ誘導するなど視覚障害者や高齢者にも配慮した。

 ポケットシェルターの藤川博久さんは「東日本大震災や熊本地震では当初、避難場所がわからない人も多かった。この技術を使ったアプリは、安全な避難場所に効率的に行くことができる」と話している。

 ポケットシェルターの問い合わせは、info@pocketshelter.jpまで。

「ニュース」のランキング