産経ニュース

陰り見えるアップル、米中市場で不振 迫るサムスンに次期iPhoneで対抗できるか?

ニュース 経済

記事詳細

更新


陰り見えるアップル、米中市場で不振 迫るサムスンに次期iPhoneで対抗できるか?

アップルの携帯電話を手に取る人=17日、インドのニューデリー(ロイター) アップルの携帯電話を手に取る人=17日、インドのニューデリー(ロイター)

 米アップルの4~6月決算によると、米国、中国市場の不振とは対照的に、日本の売上高は前年同期比23%増と好調だった。国内スマホ市場でiPhoen(アイフォーン)のシェアは約5割とされるなど根強い人気を持つ。ただ足元では変化の兆しも出ている。

 アップル日本法人は国内市場について「新学期が始まる4月はスマホの買い替え需要が牽引(けんいん)したようだ」と説明する。同様にMM総研(東京都港区)の調査によると、国内のスマホ市場規模は「4~6月に前年同期比約1割減少したが、アイフォーンは逆に増えている」(横田英明MM総研取締役)という。ブランド力に加え、3月に発売した小型画面で割安なアイフォーンSEが好調を下支えしたようだ。

 ただ、アンドロイド陣営でも競争力の高い機種が相次ぎ登場している。韓国サムスン電子の最新モデル「ギャラクシーS7」は、一眼レフ並みのカメラ性能で「前年比約2倍」(サムスン電子ジャパン)と好調な売れ行きだ。今後発表が予想される「次期アイフォーン」で新たな“革新”を打ち出せなければ、ライバルの台頭を許すことになりそうだ。

このニュースの写真

  • 陰り見えるアップル、米中市場で不振 迫るサムスンに次期iPhoneで対抗できるか?
  • 陰り見えるアップル、米中市場で不振 迫るサムスンに次期iPhoneで対抗できるか?
  • 陰り見えるアップル、米中市場で不振 迫るサムスンに次期iPhoneで対抗できるか?
  • 陰り見えるアップル、米中市場で不振 迫るサムスンに次期iPhoneで対抗できるか?

「ニュース」のランキング