産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


三井住友信託、住宅ローンの30年固定0・75%に

 三井住友信託銀行は27日、8月に適用する住宅ローンの固定型30年の最優遇金利を過去最低の年0・75%にすると発表した。引き下げは3カ月連続で、昨年12月に1・5%だった金利は半減する。主力の期間10年固定型も0・05%下げ、年0・35%とした。

 三菱東京UFJ銀行も同日、10年固定型を0・05%下げ過去最低の0・50%にすると公表。みずほ銀行も0・1%下げ0・65%にする方向だ。

 各行が住宅ローン金利を引き下げるのは、日銀が28、29両日の金融政策決定会合で追加の金融緩和に踏み切るとの観測で、長期金利の指標としている新発10年債の27日の終値利回りがマイナス0・3%と過去債固定を更新したことが背景にある。

 また、住宅ローンの申し込みが増える秋を前に、新規の顧客を呼び込もうと、競争が激化していることも要因だ。

「ニュース」のランキング