産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


9月の電気料金、6社が値下げへ 都市ガス4社も

 大手電力会社10社のうち東京電力エナジーパートナーや中部電力など6社が、9月の家庭向け電気料金を8月よりも値下げする見通しであることが25日、分かった。燃料の液化天然ガス(LNG)の平均輸入価格が下落したため。都市ガス4社も、全社がガス料金を下げる見込みだ。

 原燃料費の変動に応じて毎月の料金を見直す「原燃料費調整制度」に基づく。電気料金の下げ幅を標準的な家庭でみると、中部電が117円程度、東電が65円、東北電力が45円。九州電力は33円、関西電力は18円、中国電力は13円となる見通しだ。ガス料金は、大阪ガスが107円程度、東京ガスと東邦ガスは98円、西部ガスは70円、それぞれ値下げする見通し。

「ニュース」のランキング