産経ニュース

ソフトバンクとホンダ AIを搭載、“愛”ある車やジェット機を開発

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソフトバンクとホンダ AIを搭載、“愛”ある車やジェット機を開発

ホンダのロボット「アシモ」(左)とソフトバンクグループの「ペッパー」。それぞれに進化してきた技術が共同研究で融合する(AP) ホンダのロボット「アシモ」(左)とソフトバンクグループの「ペッパー」。それぞれに進化してきた技術が共同研究で融合する(AP)

 ソフトバンクとホンダは21日、感情を表現する車やジェット機の開発を目指し、人工知能(AI)の共同研究を開始すると発表した。ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」に搭載されているAIがホンダの車などに転用されることで、ドライバーにおすすめの観光スポットを教えてくれるという。利用者が頼りにする“相棒”のような存在にまで進化するか。(大坪玲央)

 「ホンダの車に『愛』が入ります」

 ソフトバンクグループのイベントで講演した同社の孫正義社長は今回の共同研究についてこう強調した。

 孫社長によると、ペッパーに搭載されているAIはうれしさ、悲しさ、怖さ、愛などの複雑な感情をコントロールする脳内ホルモンの機能を模倣することができるという。両社は今後、こうした“感情エンジン”の車などへの活用に向けて研究を進める。

 ホンダの松本宜之専務執行役員は「生活を共にできる存在を作りたい」とした上で、「二輪、四輪、ジェットまで含めた全ての製品に実装を目指す」と意気込んだ。話しかけると音楽をかけてくれたり、駐車位置や服装までアドバイスしてくれたりするなどの将来像を想定しているという。

続きを読む

「ニュース」のランキング