産経ニュース

安倍首相にTPP早期承認を求める 経団連会長ら財界トップ

ニュース 経済

記事詳細

更新


安倍首相にTPP早期承認を求める 経団連会長ら財界トップ

安倍晋三首相(右)にTPP協定の早期実現を求める提言を申し入れ、話をする経団連の榊原定征会長(中央)。左は日本商工会議所の三村明夫会頭=13日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 安倍晋三首相(右)にTPP協定の早期実現を求める提言を申し入れ、話をする経団連の榊原定征会長(中央)。左は日本商工会議所の三村明夫会頭=13日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 経団連の榊原定征会長、日本商工会議所の三村明夫会頭ら財界トップが13日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の早期承認を要望した。秋の臨時国会で承認したうえで、日本がリーダーシップをとって、米国など参加各国の国内手続きを促すことを求めた。

 会談で榊原氏は「TPP早期承認と同時に、日本とEUとの経済連携協定(EPA)交渉の年内妥結をお願いしたい」と要請。三村氏は「TPPは中小企業にとっても使い勝手のいいものだ。日本が早期承認することで全体のプロセスを早めることができ、大きな意義がある」と語った。

 これに対し、安倍首相は「TPPは成長戦略の柱の1つ。生み出す効果を最大限にできるように1日でも早い承認を目指したい」と応えた。

 TPPをめぐっては、米大統領選で民主、共和両党の候補者がともに反対を表明し、影響が懸念されている。

「ニュース」のランキング