産経ニュース

東京株急騰、午前終値は535円高で1万5600円台 参院選の与党大勝効果が続く

ニュース 経済

記事詳細

更新


東京株急騰、午前終値は535円高で1万5600円台 参院選の与党大勝効果が続く

参院選から一夜明け、日経平均株価は上昇した=11日午前、東京都中央区(三尾郁恵撮影) 参院選から一夜明け、日経平均株価は上昇した=11日午前、東京都中央区(三尾郁恵撮影)

 11日の東京株式市場は大幅反発している。日経平均株価の午前終値は、前週末比535円55銭高の1万5642円53銭。全面高のなか値上がりが続き、ほぼ高値で午前の取引を終えた。

 前週末の欧米主要市場がそろって上昇したのに加え、10日投開票の参院選で与党が大勝したことで投資家が安心感を強め、全面高の展開で買いが広がった。この効果が午前いっぱい続いた。

 寄り付きは268円高の1万5375円。直後に1万5500円を超え、その後は右肩上がりで値を上げた。高値は555円高の1万5662円。

 午前11時半ごろの対ドル円相場は100円台後半が続いている。

 東証株価指数(TOPIX)の午前終値は、前週末比42.47ポイント高の1252.35。東証1部銘柄の騰落は、97%の1900が値上がり、2%の48が値下がり。

 午前終値段階では東証1部では5銘柄が上げ幅10%を超えた。トップは一時ストップ高をつけた任天堂で、午前終値は3710円高の1万9980円。上昇率は22.8%。

「ニュース」のランキング