産経ニュース

ソフトバンク、今秋にも自動運転を実証へ NTTドコモも平成30年に

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソフトバンク、今秋にも自動運転を実証へ NTTドコモも平成30年に

ソフトバンクグループが自動運転の実証実験を行うバス。一般の車両を自動走行できるように改造した ソフトバンクグループが自動運転の実証実験を行うバス。一般の車両を自動走行できるように改造した

 ソフトバンク、NTTドコモがそれぞれ自動運転技術の実証実験に乗り出すことが30日、分かった。自動運転には、現在の高速通信「LTE」より速度が100倍で遅延も10分の1という第5世代移動通信方式(5G)の活用が不可欠。さらにバスやタクシーについて無人化しても安全で利便性の高い運行管理が必要で、情報通信・IT各社にも商機があるとみている。ソフトバンクは今秋、ドコモは平成30年をめどに実証実験を始める予定で、実用化に向け火花を散らしそうだ。

 「5Gの主戦場は、自動運転になる」

 自動運転技術を開発する東大発ベンチャー、先進モビリティとソフトバンクとの合弁会社、SBドライブの佐治友基社長はこう指摘する。

 遠隔操作でブレーキをかけた場合、5Gを使うと現行方式より格段に早く止まることができる。また、複数の自動走行車両が存在する場合、5Gなら電波が互いに干渉する懸念が小さいいう。

 4月に設立されたSBドライブは今秋からコース内で、センサーやハンドル操作、障害物の回避など、自動運転に必要な機能を有人で実証していくという。その後は自治体と組んで本格的な準備を進める。すでに北九州市(福岡県)、八頭町(鳥取県)と連携協定を締結しており、このほかにも観光地や離島、東日本大震災の被災地の自治体とも交渉しているという。

続きを読む

「ニュース」のランキング