産経ニュース

電力契約切り替え、115万8100件に 全体の2%近く

ニュース 経済

記事詳細

更新


電力契約切り替え、115万8100件に 全体の2%近く

 経済産業省の認可法人、電力広域的運営推進機関は24日、電力小売りの全面自由化で、契約を切り替えた世帯が17日時点で全国で115万8100件に達したと発表した。対象となる総契約数(6260万件)の約1.9%だが、5月末時点と比べ約12万1600件増加。伸びが鈍化傾向にあるものの件数は着実に増えている。

 新電力などに切り替えた世帯を地域別でみると、東京電力管内が71万3300件と最多で、関西電力管内23万7400件が続く。首都圏と関西圏の契約切り替えが約82%を占め、顧客獲得競争が大都市圏を中心に進む構図は変わらない。沖縄電力管内はゼロだった。

 今後、冷房代などが気になる夏に入るため、電気の使用量増加とともに割安プランを提供する新電力への切り替えが伸びる可能性がある。家庭用電力販売に参入した石油元売り最大手のJXホールディングスの木村康会長は「本当の競争はこれから。次のステップに向け販売戦略を練る」と話した。

「ニュース」のランキング