産経ニュース

ヤフー、人工知能(AI)とビッグデータ分析で野球チケット価格を柔軟設定 ホークス戦で実験運用 組み合わせや売れ具合に応じて値段が変わる

ニュース 経済

記事詳細

更新


ヤフー、人工知能(AI)とビッグデータ分析で野球チケット価格を柔軟設定 ホークス戦で実験運用 組み合わせや売れ具合に応じて値段が変わる

オークションサイトとAIによる価格変動式の購入が選択できるヤフーの電子チケット購入サイトの画面 オークションサイトとAIによる価格変動式の購入が選択できるヤフーの電子チケット購入サイトの画面

 ヤフーとプロ野球福岡ソフトバンクホークスは、12日までの巨人戦から、ビッグデータや人工知能(AI)を使ってチケットの価格を決める販売を実験的に始めた。対戦チームの組み合わせだけでなく、売れ具合なども考慮して価格設定される。ヤフーは、ネットオークション「ヤフオク」での販売も今シーズンから始めており、画一的に決まっていたチケット価格を変動制にすることで、チケットの購入を促進させるとともに、第三者によるダフ屋行為も防止する狙いがあるという。

 これまでも曜日や対戦チームによって価格を変えることはあったが、米大リーグではすでに始まっている価格変動方式を日本のプロ野球で採用したのは初めてとみられる。

 対象になるのは、ヤフオクドーム(福岡市)で開催される試合。

 AIによる販売は、ヤフーが運営する電子チケット販売サイト「パスマーケット」で行い、1試合当たり100程度の人気席を売り出す。AIが天候やリーグ内の順位、曜日などを解析し、同じエリアでも座席が1列前後するだけで価格を変える。7月以降は開始2時間後まで販売しリアルタイムで価格を下げていく。

「ニュース」のランキング