産経ニュース

機能性表示食品の届け出314件 販売開始から1年で 定期購入2・9倍の商品も明暗分かれる 

ニュース 経済

記事詳細

更新


機能性表示食品の届け出314件 販売開始から1年で 定期購入2・9倍の商品も明暗分かれる 

 企業の責任で健康効果を表示できる「機能性表示食品」の販売開始から1年が経過した。消費者庁に届けられたのは6月10日現在で314件に達し、飲料、加工食品など多様な商品が店頭に並んでいる。健康志向の高まりに合わせ市場は拡大する見込みだが、今後は特定保健用食品(トクホ)との違いや、機能面や信頼性など、各社はより丁寧な説明も求められそうだ。

 機能性表示食品の第1弾として昨年6月に販売を始めたのがキユーピーの「ヒアロモイスチャー240」だ。肌の水分保持や乾燥緩和の機能があると打ち出した。女性に好評で、同社は「1年間で定期購入者が2・9倍に増えた」と明かす。昨年9月リニューアルされた江崎グリコの「朝食BifiXヨーグルト」シリーズや、今年2月から販売しているアサヒグループ食品の「シュワーベギンコイチョウ葉エキス」なども好調な売れ行きを見せる。

 対照的に不振なのがキリンビールのノンアルコールビール「パーフェクトフリー」だ。昨年6月に販売されたが、販売実績は年間目標の約半分にとどまった。ビール各社はノンアルビールで機能性表示食品の新商品を投入したが、いずれも低迷。糖質ゼロのビール類などとの違いがはっきりせず、消費者に浸透しなかったとみられる。

「ニュース」のランキング