産経ニュース

三井住友信託銀が東京TYとの資本・業務提携を拡大 150億円を出資

ニュース 経済

記事詳細

更新


三井住友信託銀が東京TYとの資本・業務提携を拡大 150億円を出資

 三井住友信託銀行は3日、東京都民銀行などを傘下に持つ東京TYフィナンシャルグループ(東京TYFG)との資本・業務提携を拡大することを決めた。まず東京TYが第三者割当増資を行い、三井住友銀が150億円で全株を引き受ける。

 東京TYが3日発表した計画によると、第1回の優先株発行を6月24日に行う。1株2万円で75万株の株式を発行、150億円を調達する。

 三井住友信託銀行は、現在、東京TYの7.8%を出資する筆頭株主。平成18年3月に八千代銀行と業務・資本提携契約を締結しているが、今回、この関係を東京TYFGとの関係へと拡大することにした。150億円の調達により、TYFGは自己資本の質を高め、財務体質の強化を実現、地元企業向け活動を強化する。

 TYFGは、東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京を傘下に持つ地域金融グループ。東京に最大規模の店舗網を持つ地域金融機関として、昨年秋から東京都と連携して東京都内の中堅・中小企業の育成・支援に取り組んでいる。

「ニュース」のランキング