産経ニュース

【消費増税再延期正式表明】年収300万円世帯は3・3万円お得に 高齢者は不安?

ニュース 経済

記事詳細

更新

【消費増税再延期正式表明】
年収300万円世帯は3・3万円お得に 高齢者は不安?

 消費税10%への引き上げが再延期されたことで、私たちの生活にどのような影響があるのか。買い物などで税負担が据え置かれるのは家計にとって朗報だ。しかし、増税分を充てる予定だった年金や介護への支援は、十分にできなくなる懸念があり、高齢者らの生活への不安は解消されそうにない。

 「消費税が上がって、いつもより買い物にお金がかかった気がする…」

 こんな思いは当分、感じずに済むことになった。消費税が8%から10%に上がった場合、税負担はどれくらい増えるのか。日本総合研究所の試算によると、年収300万円の勤労者世帯(家族2人以上)の場合は年間3万3600円、年収1千万円では同6万3600円の負担増になる。

 こうした税負担増が先送りとなることは、個人消費の底支えとなりそうだ。個人消費が6割を占める国内総生産(GDP)の成長率見通しが、29年度は0・8ポイント前後押し上げられるとの予測もある。また、消費税増税の反動減対策として講じられた住宅ローン減税も延長されるとみられており、マイホームの購入を焦る必要もなさそうだ。

「ニュース」のランキング