産経ニュース

ガソリン価格、12週上昇で119.9円に 原油価格の上昇続く

ニュース 経済

記事詳細

更新


ガソリン価格、12週上昇で119.9円に 原油価格の上昇続く

 経済産業省資源エネルギー庁が1日発表した5月30日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、23日の前回調査より70銭高い119.9円だった。値上がりは12週連続で、1月4日以来、約5カ月ぶりの高値水準となった。

 原油価格の上昇を受け、石油会社が特約店向け卸価格を引き上げたことが反映された。40都府県で値上がりした。調査した石油情報センターの担当者は、来週のガソリンについて「卸価格の上昇が続くとみられ、値上がりするだろう」と予想している。

 ハイオクは70銭高い130.7円。軽油が30銭高い100.8円。

「ニュース」のランキング