産経ニュース

【人財養成塾One-Will】7月2日に第6期開講 説明会や座談会は6月に

ニュース 経済

記事詳細

更新

【人財養成塾One-Will】
7月2日に第6期開講 説明会や座談会は6月に

 これから社会に出る大学生を対象に、働くうえでの心構えや志を育む「次代人財養成塾 One-Will」(ワン・ウィル)第6期が7月に開講します。

 期間は7月2日から9月24日までの約3カ月間で、(1)企業トップなど各界の第一人者による特別講演と目の前で本人に直接、質問ができる質疑応答(2)成長の土台となる目標の設定や達成のためのトレーニング(3)人材育成に力を入れている参画企業での、ほかのインターンシップとはひと味違う調査型職場体験-などに取り組みます。

 学生の入塾は無料。交通費や書籍などは実費です。カリキュラムをこなしたと認定した修了生には修了証を授与します。

 大学生の就活をとりまく現状は、人口減少を受けて、需給バランス上は学生に優位な「売り手市場」です。しかし多くの学生は「言われているほど楽ではない」「むしろ厳しい質問が浴びせられる」などと話しています。一方、企業などの採用担当者からも「面接は上手でも、決め手に欠けるケースがある」という声が聞こえます。

大学生の中には、面接、エントリーシート作成、マナー、敬語などの訓練を受けて就活にのぞんでいるものの、気持ちの整理や、社会人になる自覚が十分でない方、納得ができていない方がいます。なぜ社会に出なくてはいけないのか、就職をしなければいけないのかと迷ったり、悩んだりしている学生や、仲間がしているから、卒業したら行くところがないから、と必ずしも前向きな姿勢になれないまま取り組んでいる学生もいます。

「次代人財養成塾 One-Will」は、大学生が社会人になった時点から、迷わずに成長に迎える土台を築くことを目指しています。

 この事業は、研修事業を手がける秀實社(本社・東京、高橋秀幸社長)が運営、産経新聞社が運営協力をしています。秀實社の高橋秀幸社長が塾頭です。

 開講を前に、One-Willの概要や、自己分析の手法などを説明する学生向け説明会と、塾頭と経営者が「働くこと」などをテーマに、学生を交えて語り合ったり、質問をしあったりする座談会を、以下の日程で開催します。

 【日時】▼6月7日(火)午後6~8時(説明会)▼6月17日(金)午後6~8時(説明会)▼6月22日(水)午後6~8時(座談会)

 【会場】東京都千代田区大手町1の7の2 産経新聞社会議室

 【参加費】無料

 【申し込み・問い合わせ】秀實社 電話03・6264・2377(午前9時~午後5時、土日祝日除く)。同社ホームページ(http://www.syujitsusya.co.jp/

「ニュース」のランキング