産経ニュース

オンラインスクールBeSomebody、被災地住民のIT教育を無償化

ニュース 経済

記事詳細

更新


オンラインスクールBeSomebody、被災地住民のIT教育を無償化

株式会社BeSomebody
ベンチャー投資ファンドと長期目線での経済復興

平成28年4月14日から発生している熊本県熊本地方を震源とする地震により、現地に甚大な被害が発生しました。犠牲になられた多くの方々とご遺族の皆様に対し、心からお悔やみ申し上げます。また、被災された方々に対し、心からお見舞い申し上げます。また、皆様の安全と被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

 この熊本地震による被災地支援として、 国内一のオンラインプログラミングスクール生徒数を誇る講師が経営する株式会社BeSomebody(拠点:東京都渋谷区、代表取締役:波多野昌昭、以下BeSomebody)(http://www.be-somebody.co/)は、F Ventures LLP(拠点:福岡県福岡市博多区、代表パートナー:両角将太)(http://f-ventures.vc/)と被災地熊本におけるオンラインのプログラミング学習を無償提供開始します。

[画像: http://prtimes.jp/i/18513/2/resize/d18513-2-817068-1.jpg ]

■経緯

BeSomebodyのミッションは「オンライン教育プラットフォームを通じて最高の教育コンテンツを配信する事で、世界の人々が自分らしい人生を歩むきっかけを創出する事です。」今回、被災地支援として何ができるかを考えた結果、いまある学習コンテンツを無償で届ける事で被災地の方々が希望をもって未来に進むためのきっかけになるのではないかと思いこの取り組みを実施いたしました。

■当支援の特徴

【1】オンラインプログラミング学習を生涯無償提供

熊本県在住の方々に限定し、BeSomebodyの提供するオンラインプログラミングスクールを無償提供いたします。起業を志す社会人や学生を支援するF Venturesと提供するBeSomebodyが共同で企画をしました。応募方法は、所定フォーム(http://kumamoto-besomebody-fventures.weebly.com/)に応募者の情報を記入して頂きます。被災地の方々だけにご提供するため、現住所をご記入頂きますが、予めご了承ください。

【概要】

■会社名  株式会社BeSomebody

■代表者  代表取締役社長 波多野昌昭

■設 立  2015年10月1日

■所在地  東京都渋谷区南平台町18-4

■URL   http://www.be-somebody.co/

■事業内容 これからのグローバル時代に必ず必要となるIT教育のハードルを圧倒的に下げることを目的に、オンラインでプログラミングを始め様々な教育コンテンツを提供します。

■組合名  F Ventures LLP

■代表者  代表 両角将太

■設 立  2016年2月12日

■所在地  福岡県福岡市博多区上川端町9-159

■URL   http://f-ventures.vc/

■事業内容  福岡市を拠点としたシード期スタートアップへの投資支援を目的としたベンチャーキャピタルです。創業期に不足しがちな広報・アライアンス・経営・マーケティング・営業・人事・財務戦略などの支援を行います。

「ニュース」のランキング