産経ニュース

携帯販売のティーガイア、3月期は過去最高益 今期は実質0円規制で大幅減収減益へ

ニュース 経済

記事詳細

更新


携帯販売のティーガイア、3月期は過去最高益 今期は実質0円規制で大幅減収減益へ

 携帯電話販売大手のティーガイアが18日発表した2016年3月期決算は、スマートフォン用アクセサリーの販売が好調だったことやスマートフォンの販売割合が上昇したことで、営業利益が前年同期比9.5%増の156億円、最終利益も22.6%増の94億円と、いずれも過去最高だった。売上高はiPhone6sの販売台数が目標を下回ったことなどから、3.4%減の6200億円だった。

 一方、実質0円の見直しを求める総務省のガイドラインや、今月21日施行の改正電気通信事業法で契約時の書面交付が義務付けられることで、販売台数の減少や販売業務の煩雑化が予想されるため、今期(17年3月期)予想は、売上高で同0.7%減の6160億円、営業利益で同4.3%減の150億円と減収減益を見込んでいる。

 端末販売台数の減少が予想される中、同社は今後、販売店の大型化や人材教育による販売力強化、アクセサリーショップの出店加速で利益の向上を図る。

「ニュース」のランキング