産経ニュース

【実機レビュー】ロボット+スマホ「ロボホン」がiPhoneを凌駕する日は来るか 崖っぷちシャープの「目の付けどころ」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【実機レビュー】
ロボット+スマホ「ロボホン」がiPhoneを凌駕する日は来るか 崖っぷちシャープの「目の付けどころ」

ロボホンを操作する=4月14日、東京都港区(柳原一哉撮影) ロボホンを操作する=4月14日、東京都港区(柳原一哉撮影)

 メールや電話、ネット検索などほとんどの機能を対話で操作し、スマホのようにボタンを押したりしない。タクシーを呼ぶ、レシピを探すといったアプリ(6月末以降)も同じ操作性になるようだ。

 AIがこの対話を続けることで失敗と学習を重ね、ユーザーの嗜好をよく理解したロボホンに成長していく。短時間では体感しづらいため、入手後に時間をかけて「変化」を楽しむ部分だろう。

 ともあれロボホンと向き合っていると親近感がわいてくるから不思議。こいつ、カワイイのだ。

アクション付きで読み上げられるメール

 メールなどスマホとしての基本機能を見てみよう。

 阿古さんがサンプルのメールで実演する。まずメール着信があると「来たよ」と音声で知らせ、次に読み上げに移る。

 内容は友人が飲み会に遅れるというおわびで、ロボホンは「こんにちは」の部分で片手を挙げ、「すみません遅刻します」の部分では頭をかくしぐさをしてみせた。その間、目の色も七変化する芸の細かさだ。

 さすがに、うなっていると、阿古さんが「文面とアクションが連動していて送り手の気持ちがよりリアルに伝わるのです」と解説した。たしかにディスプレーの文字を目で追うのとは大違いだ。

このニュースの写真

  • ロボット+スマホ「ロボホン」がiPhoneを凌駕する日は来るか 崖っぷちシャープの「目の付けどころ」
  • ロボット+スマホ「ロボホン」がiPhoneを凌駕する日は来るか 崖っぷちシャープの「目の付けどころ」
  • ロボット+スマホ「ロボホン」がiPhoneを凌駕する日は来るか 崖っぷちシャープの「目の付けどころ」

「ニュース」のランキング