産経ニュース

【三菱自不正】決算会見詳報(上) 相川社長「受注台数が半減」「これからの推定難しい」…財務体質の強さアピールも

ニュース 経済

記事詳細

更新

【三菱自不正】
決算会見詳報(上) 相川社長「受注台数が半減」「これからの推定難しい」…財務体質の強さアピールも

三菱自動車 平成27年度(平成28年3月期)業績概況説明 会見に臨む三菱自動車の相川哲郎社長 =東京都港区の三菱自動車本社 (伴龍二撮影) 三菱自動車 平成27年度(平成28年3月期)業績概況説明 会見に臨む三菱自動車の相川哲郎社長 =東京都港区の三菱自動車本社 (伴龍二撮影)

 《27日、三菱自動車が東京・三田の本社で平成28年3月期決算の記者会見を開いた。会場となった会議室には会見の始まる約1時間前から多くの記者やカメラマンが詰めかけた。午後4時半過ぎ、相川哲郎社長ら説明者が入り、カメラのフラッシュが一斉にたかれる》

 相川社長「当社が国土交通省へ提出した燃費試験データについて不正な操作が行われていたことが判明しました。お客さまをはじめ関係する皆様に多大なるご迷惑をおかけしていること、心より深くおわび申し上げます」

 《相川社長と青砥修一常務、田畑豊常務が一斉に立ち上がり、深く頭を下げて謝罪。青砥常務が28年3月期決算について短く説明した後、質疑応答に入る》

 --問題発覚後1週間で本業にどんな影響がでているのか。今後、財務面での影響は

 相川社長「まだ正確に把握できていないが、(不正を公表した)20日の前と後で、1日あたりの受注台数でみると半減している。海外はまだ情報がきていない。これからはわれわれとしても推定するのは非常に難しい。不正で燃費にどのくらい影響があったか、試験で確認しているが、国交省に受理して頂けないと確定できない。お客さまへの補償のレベル、(エコカー減税が)どのくらいランクが下がるか、確定は先になるとおもう。数字をあげるのは難しい」

このニュースの写真

  • 決算会見詳報(上) 相川社長「受注台数が半減」「これからの推定難しい」…財務体質の強さアピールも

「ニュース」のランキング