産経ニュース

【三菱自不正】トップへの報告まで5カ月 「物言わぬ風潮」改善されず

ニュース 経済

記事詳細

更新

【三菱自不正】
トップへの報告まで5カ月 「物言わぬ風潮」改善されず

 三菱自動車の燃費データ不正問題は、外部の指摘から相川哲郎社長への報告まで約5カ月を要した。平成12年、16年の2度のリコール(回収・無償修理)隠しでは厳しい批判を受け、今回も不都合な情報を積極的に開示しない企業体質を指摘する声が上がる。三菱自は26日に不正の詳細を国土交通省に報告するが、経営の立て直しには抜本的な対策が必要になる。(会田聡)

 「原因が分からない状態で(社長に)報告はできない」。不正を発表した20日の記者会見で、中尾龍吾副社長は報告の遅れをこう釈明した。

 三菱自によると、発端は軽自動車を共同開発する日産自動車が昨年11月、次期モデルの参考として現行車の燃費性能を測り、認証された燃費値との違いに気付いたことだ。12月に日産が共同で再試験を申し入れたが、実施は2月までずれ込んだ。4月に社内調査を始めても「不正があると思っていなかった」(中尾副社長)と報告せず、相川社長に伝わったのは不正確認後の4月13日だった。

 相川社長は「不正の認識から報告までは遅くないが、(日産との)技術的データのやり取りについていま思えば報告すべきだった」と苦渋の表情で語る。

 これに対し、三菱グループの企業幹部は「悪い情報を上層部に伝えない文化がある。リコール隠しの問題に根本治療ができていなかった」とあきれ顔だ。

「ニュース」のランキング