産経ニュース

【One-Will特別講義】「女性活躍も、グローバル化も推進する人工知能の会社です」UBIC社長・守本正宏氏(1)

ニュース 経済

記事詳細

更新

【One-Will特別講義】
「女性活躍も、グローバル化も推進する人工知能の会社です」UBIC社長・守本正宏氏(1)

「次代人財養成塾 One-Will」の特別講師として登壇したUBICの守本正宏社長 「次代人財養成塾 One-Will」の特別講師として登壇したUBICの守本正宏社長

 米国で訴訟を受けた日本企業を、人工知能で支援するビジネスで注目されている企業が、東証マザーズと、米ナスダックの日米で上場しているUBIC(ユービック、本社・東京)だ。なぜ起業したのか。どのように成長に導いたのか。その過程で見えてきた日本企業の姿とは何か。人が成長するために必要な条件について、どう考えているのか。UBICの創業者で社長の守本正宏氏が、未来を担う若者を育む「次代人財養成塾 One-Will」(主催・秀實社、協力・産経新聞社)に、特別講師として登壇し、学生や参加者たちを前に刺激に満ちた講演を展開した。その様子を6回にわたりお伝えする。

グローバル化やダイバーシティを実現する先駆的な企業と自負

 守本氏:みなさんこんばんは。UBICの守本です。

 私の会社は2003年に創業しました。それから13年ほどたっています。どんな会社か、と言いますと、社員は400人(連結ベース)で、売上高は62億8千万円(2015年3月期)。日本の東証マザーズと、アメリカのナスダックの両方に上場している会社です。主な事業は、最新のテクノロジーを使った、データ解析です。

 特に国際訴訟とか不正調査とかのリーガル(法律)分野の「証拠解析」は、創業以来、ずっと取り組んでいる事業で、これまでに1800件の実績があります。

「ニュース」のランキング