産経ニュース

マツダ「ロードスター」が世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞 デザイン賞と初のW受賞も

ニュース 経済

記事詳細

更新


マツダ「ロードスター」が世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞 デザイン賞と初のW受賞も

 マツダは25日、昨年5月に発売した2人乗りスポーツ車「ロードスター」が2016年の「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)」を受賞したと発表した。マツダ車の受賞は08年の「デミオ」に続き2回目。軽量化や操縦性など基本性能の高さが評価され、最終選考に残った独アウディの主力車種「A4」や、独メルセデス・ベンツのスポーツ用多目的車(SUV)「GLC」を抑えた。

 WCOTYは、世界23カ国の自動車ジャーナリスト73人の投票で選出。今回は15年1月から今年3月末までに2カ国以上で販売される23車種が対象だった。ロードスターは、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」も受賞。04年のWCOTY設立以来、1車種でのW受賞は初めてという。

 マツダの毛籠勝弘常務執行役員は、「乗って楽しく、すばらしい車だという証だ」とコメントした。

 ロードスターは昨年12月、「15-16日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞している。

このニュースの写真

  • マツダ「ロードスター」が世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞 デザイン賞と初のW受賞も

「ニュース」のランキング