産経ニュース

三菱商事が初の最終赤字に転落へ 1千億円超、海外資源安の減損処理で

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱商事が初の最終赤字に転落へ 1千億円超、海外資源安の減損処理で

 三菱商事が2016年3月期の連結業績予想の最終利益を下方修正し、従来予想の3000億円の黒字から一転して最終赤字に転落する見通しとなった。24日午後に発表する。赤字幅は1000億円超とみられる。赤字になるのは財閥解体後の1954年の大合同以来、初めて。

 中国経済減速の長期化に伴う資源やエネルギーのさらなる価格下落を受け事業や資産評価を引き下げる「減損処理」で大幅な損失を計上するのが響く。中でもチリの銅鉱山事業の損失が膨らんだほか、豪州のLNG(液化天然ガス)事業の遅延なども損失計上する。

 三菱商事は昨年11月に一段の資源安を受け通期の最終利益見通しを期初の3600億円から3000億円に下方修正し、今年2月時点では据え置いていた。一段の価格下落で減損処理を余儀なくされた。三井物産も23日、16年3月期の最終利益が創業以来初の赤字に転落するとの見通しを発表した。

「ニュース」のランキング