産経ニュース

肉牛生産から販売まで 官民ファンドや伊藤忠飼料、兼松など新会社設立

ニュース 経済

記事詳細

更新


肉牛生産から販売まで 官民ファンドや伊藤忠飼料、兼松など新会社設立

 鹿児島県で肉用牛生産から販売までの大手カミチクグループ(鹿児島市)と商社や飼料メーカー、官民ファンドなどが共同で肉牛の生産から加工、流通、販売まで一貫して手掛け、6次産業化を図る新会社を4月に設立すると発表した。

 新会社「ビースマイルプロジェクト」はカミチクグループで肉牛生産大手の錦江ファーム(鹿児島市)、伊藤忠飼料、プリマハム、兼松などの企業や官民ファンドの農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)など12社・機関が出資する見通し。資本金は約25億200万円。

 高齢化、後継者不足を解消し、外食向けに安定供給し、将来の輸出視野にいれ雇用を創出するのが狙いだ。カミチクグループが持つ外食約20店舗を新会社が買収する形で3年後に100店舗、10年後に200店舗まで拡大する。外食向け需要を創出することで南九州の農家が安心して肉牛を生産できる態勢を整備する。飼料工場も建設し大規模化による酪農のコストダウンにより競争力を高め、輸出を視野にイスラム教の戒律に沿ったハラール認証を持つ加工工場も検討し、兼松など商社は販路拡大に貢献する。

「ニュース」のランキング