産経ニュース

ブラジルの造船事業から撤退、IHIなど3社 汚職事件や資源安が影響

ニュース 経済

記事詳細

更新


ブラジルの造船事業から撤退、IHIなど3社 汚職事件や資源安が影響

 IHIと日揮、ジャパンマリンユナイテッド(東京都港区)は15日、共同出資するブラジル最大級の造船会社アトランチコスル造船所(EAS)から撤退すると発表した。ブラジルの国営石油会社ペトロブラスを巡る汚職事件の影響で工事代金が回収できず、特別損失を計上していた。今後も資源安の影響でEASの業績回復が見込めないと判断し、撤退を決めた。

 IHIなど3社は2013年に世界的な石油や天然ガスの需要増を見込み、ブラジルの海洋資源開発事業への参入を決めた。EASへの共同出資で現地事業での拡大を目指したが、ペトロブラスの汚職事件が発覚し、EASへの支払いが止まり、工事代金が回収できない事態に陥っていた。

 現在、世界的な石油価格の下落が起きており、ペトロブラスの海洋資源開発計画は当初よりも大幅に減少している。このため、EASの業績回復も見込めないことから、ブラジルでの造船事業の撤退を決めた。

 EASへの持ち分33%は4月中旬にも現地の建設会社2社に譲渡する。

 ブラジルの海洋資源開発事業を巡っては、三菱重工業や今治造船なども多額な損失を計上しており、出資する造船所から撤退した。また、川崎重工業も15年4~12月期連結決算で、ペトロブラスの海洋掘削船の工事代金を回収できず、計221億円の特別損失を計上している。

「ニュース」のランキング