産経ニュース

日本マクドナルドHD決算、上場後過去最悪の赤字 カサノバ社長は続投姿勢

ニュース 経済

記事詳細

更新


日本マクドナルドHD決算、上場後過去最悪の赤字 カサノバ社長は続投姿勢

平成27年12月期連結決算を発表する日本マクドナルドのカサノバ社長=9日、東京都中央区(永田岳彦撮影) 平成27年12月期連結決算を発表する日本マクドナルドのカサノバ社長=9日、東京都中央区(永田岳彦撮影)

 日本マクドナルドホールディングス(HD)が9日発表した平成27年12月期連結決算は、営業損益が252億円の赤字(前期は67億円の赤字)、最終損益も347億円の赤字(前期は218億円の赤字)といずれも平成13年の上場後、過去最大の赤字額となった。売上高は14・8%減の1894億円。使用期限切れ鶏肉問題と、ポテトなどへの異物混入問題で客離れが進んだことが大きく響いた。

 東京都内で記者会見したサラ・カサノバ社長は「昨年後半から回復の勢いは増している。今年は回復基調をさらに加速させる」と述べ、業績回復に取り組むため社長を当面続ける姿勢を示した。

 28年12月期の通期業績予想は売上高が16・1%増の2200億円、営業利益は33億円、最終利益は10億円と、利益ベースで3期ぶりの黒字転換を掲げた。

 カサノバ社長が回復の根拠に挙げたのが、4日発表された28年1月の既存店の売上高と来店客数だ。売上高は前年同月比35・0%増、客数は33カ月ぶりに前年同月を上回る17・4%増と、一連の問題発覚後離れていたファミリー層などが戻ってきたと強調した。

「ニュース」のランキング