産経ニュース

【揺れる市場】中国、取引停止措置を中止 株式市場混乱でわずか4日で撤回 管理の甘さを露呈 

ニュース 経済

記事詳細

更新

【揺れる市場】
中国、取引停止措置を中止 株式市場混乱でわずか4日で撤回 管理の甘さを露呈 

 【上海=河崎真澄】中国の上海と深センの両証券取引所は7日夜、相場の急変動を防ぐため今月4日に導入したばかりの緊急の取引停止措置「サーキットブレーカー」の運用を取りやめると発表した。8日から実施する。4日に続き7日も同措置が発動され、株式市場がかえって混乱したことに対応するのが狙い。中国市場の管理の甘さが露呈した格好だ。8日以降の取引に悪影響を与える可能性がある。

 7日は取引開始から約15分で取引停止となり、制度の欠陥を指摘する声があがっていた。7日の株価急落の背景には、サーキットブレーカー発動で株を売る機会を失うことを恐れた個人投資家が、発動前にパニック的に売り急いだことがあった。

 中国証券監督管理委員会は、サーキットブレーカーは「現時点ではマイナスの影響がプラスの効果より大きい」と取りやめの理由を説明している。

 中国の株式市場の混乱が世界同時株安を引き起こしており、7日の東京市場は投資家のリスク回避姿勢が鮮明となって株安と円高が一段と進んだ。日経平均株価は4日続落し、終値は前日比423円98銭安の1万7767円34銭と、昨年10月14日以来約3カ月ぶりに1万8千円を割り込んだ。円相場は急伸し、一時1ドル=117円66銭と約4カ月ぶりの円高ドル安水準をつけた。中国懸念のほか、原油価格の下落、北朝鮮、中東情勢の緊迫化もあって、世界経済の先行き不透明感が強まっている。

「ニュース」のランキング