産経ニュース

日立 ベトナム・ホーチミンの駅舎向けに昇降機63台受注 

ニュース 経済

記事詳細

更新


日立 ベトナム・ホーチミンの駅舎向けに昇降機63台受注 

 日立製作所と日立エレベーターアジアは3日、ベトナムのホーチミン都市鉄道1号線の高架式駅舎向けに昇降機63台を受注したと発表した。エレベーター32台とエスカレーター31台を受注した。ベトナムでの日立の昇降機の受注として過去最大級で、エスカレーターの受注は同国初となる。2017年に納入する。

 今回、日立が受注したのはベトナム初の都市鉄道として建設が進むホーチミン都市鉄道1号線の高架式駅舎向け昇降機。全長19.7キロメートル(全14駅)のうち高架区間となる17.5キロメートル(11駅)に計63台の昇降機を納入する。

 ベトナム最大の都市ホーチミン市は急速な工業化と都市化で都市鉄道建設が進んでいる。ホーチミン市では複数の都市鉄道建設が計画されており、1号線は第一弾となる。今後、さらに建設が進む予定で日立は現地での受注拡大を目指す。

 同社は今年7月にミャンマーに昇降機の販売・サービスの合弁会社を設立。東南アジアの昇降機事業の拡大に力を入れており、ベトナムの受注で弾みをつけたい考えだ。

「ニュース」のランキング