産経ニュース

【人民元SDR入り】IMFは「悪貨が良貨を駆逐する」という法則を忘れたのか? 田村秀男

ニュース 経済

記事詳細

更新

【人民元SDR入り】
IMFは「悪貨が良貨を駆逐する」という法則を忘れたのか? 田村秀男

中国人民元のSDR構成通貨入りを発表するIMFのラガルド専務理事。同氏は中国を味方に付け発言権を増すとみられている=11月30日、ワシントン(AP)

 「悪貨が良貨を駆逐する」とは、金本位制の時代に限らない。いつの世も似たような法則が働く。現代版悪貨とは人民元である。

 元は中国共産党の支配下にある中国人民銀行が基準相場を設定し、変動を基準値の上下2%以内に限って許容している。元の金融・資本市場は制限だらけで、取引不自由だ。公正に開かれた金融市場を基盤とし、為替レートが自由に変動する先進国通貨とは対極にある。ところが、国際通貨基金(IMF)は円を押しのけて元にドル、ユーロに次ぐ特別引き出し権(SDR)シェア第3位のお墨付きを与えた。

 IMFを背後から突き動かしたのは国際金融界である。2008年9月のリーマンショックでバブル崩壊、収益モデルが破綻した国際金融資本が目をつけたのはグローバル金融市場の巨大フロンティア中国である。その現預金総額をドル換算すると9月末で21兆ドル超、日米合計約20兆ドルを上回る。

「ニュース」のランキング