産経ニュース

MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注

ニュース 経済

記事詳細

更新


MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注

愛知県営名古屋空港から離陸したMRJ=11日午前9時35分、愛知県(本社ヘリから、竹川禎一郎撮影)

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日、愛知県営名古屋空港(同)で離着陸し、初飛行に成功した。国産旅客機の初飛行は戦後初のプロペラ旅客機「YS-11」以来、53年ぶり。初号機は2017年にANAホールディングスに引き渡される予定だ。

 MRJは午前9時35分ごろ、滑走路を走行し、ごう音とともに初めて空へ飛び立った。機体が空中に浮いた瞬間、初飛行を見守っていた約170人の航空関係者から拍手がわき起こった。太平洋側の上空を約1時間半飛行。静岡県沖から伊勢湾へ向かい、上昇や下降、左右への旋回などの操作を確認した。

 三菱航空機と、親会社で量産を行う三菱重工業は今後、国内で飛行試験を続けた後、16年4~6月に米モーゼスレイク市(ワシントン州)でも試験を行う。

 MRJは半世紀ぶりの国産旅客機プロジェクトとして平成20年に事業化がスタートしたが、開発は難航を極め、計画は5度延びた。これまでにANAや日本航空、米スカイウエストなどから400機強を受注。当初計画よりも4年以上遅れたが、初飛行に成功したことで、受注に弾みがつきそうだ。

 機体は全長約35メートルで座席数は約70~90席。最新鋭のエンジンを搭載し、従来の小型旅客機よりも燃費性能が優れている。客席の快適性も大きな特徴だ。

このニュースの写真

  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注
  • MRJ初飛行に成功 半世紀ぶり国産機 すでに400機を受注

「ニュース」のランキング