産経ニュース

中国減速、コマツと日立建機を襲う 9月中間は減収減益

ニュース 経済

記事詳細

更新


中国減速、コマツと日立建機を襲う 9月中間は減収減益

 建機大手のコマツが28日発表した平成27年9月中間連結決算は減収減益だった。中国での売上高が前年同期からほぼ半減したことが響いた。日立建機も減収減益で、28年3月期の通期見通しを大幅に下方修正した。ともに、中国の景気減速が業績を直撃した。

 コマツの売上高は5・3%減の8924億円、営業利益は21・2%減の990億円、最終利益は16・5%減の650億円だった。

 地域別の売上高は、北米が増加、日本は微減にとどまったが、中国は前年同期の623億円から44・4%減の346億円に落ち込んだ。藤塚主夫取締役は「中国市場は4月以降、前年比マイナス50%程度で推移している」と説明した。

 日立建機は28年3月期の連結売上高予想を前期比4・4%減の7800億円(前回予想は8100億円)、最終利益を50・0%減の130億円(同270億円)にそれぞれ下方修正した。桂山哲夫取締役は「地方政府が疲弊しており、(建機の)購入意欲が乏しい」と語った。

「ニュース」のランキング