産経ニュース

【世界都市ランキング】東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?

ニュース 経済

記事詳細

更新

【世界都市ランキング】
東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?

世界の都市総合力ランキング2015

 森記念財団(東京)が毎年まとめている世界の都市総合力ランキングが発表され、2015年も東京は、ロンドン、ニューヨーク、パリに次いで4位となった。舛添要一都知事がすぐさま「来年はパリを抜いて3位になりたい」と都市の魅力向上を宣言したが、そう簡単に得点を上げられるのか。後方からはソウルやシンガポールも追い上げている。分野別に東京の魅力度に迫る。

人や企業を引き付ける力を数値化

 同ランキングは、地球規模で繰り広げられる都市間競争において、いかに魅力的でクリエイティブな人々や企業を世界中から引きつけるかという総合力を、経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通・アクセスの6分野・70の指標で評価。東京の総合得点1290.4は、パリまであと17.5に迫っているが、昨年の16.3よりも広がっている。一方、5位のシンガポールとは83.0あるが、昨年も5位だったが同都市はスコアを68.8も上げた。6位から9位までのソウル、香港、ベルリン、アムステルダムはほぼ横並びで上位を窺っている状況だ。

経済分野は1位

 経済分野で東京は1位。市場の規模やビジネスの容易性などで得点を重ね、2位ロンドン、3位のニューヨークをも引き離した。

 また、研究者の数や研究開発費などの項目からなる研究・開発の面でも評価は高い。ニューヨークが突出しているが、2位に付け、3位のロンドンを上回った。

文化・交流はシンガポールの後塵

 文化・交流分野のスコアは、総合トップ3都市がそのままトップ3に並び、東京は4位のシンガポールに続いた。「留学生数」「食事の魅力」などが東京のスコアを上げる一方で、「ホテル総数」「美術館・博物館数」「外国人居住者数」などで見劣る。4位のシンガポールは、「交流実績」で他の都市を圧倒し、同分野でのスコアを伸ばした。

このニュースの写真

  • 東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?
  • 東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?
  • 東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?
  • 東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?
  • 東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?
  • 東京は今年も4位 パリ(3位)を超えるには何が必要なのか?

「ニュース」のランキング