産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


住生が契約社員600人を正社員に

 住友生命保険がオフィスパートナーと呼ばれる契約社員約2千人のうち6~7時間勤務するフルタイム契約社員600人を正社員にすることが13日、分かった。日本生命保険、第一生命保険、明治安田生命保険の大手3社は契約社員の無期雇用化を表明しているが、既存の正社員と同じ待遇にするのは住友生命が初めてで、優秀な人材をつなぎ留める狙いがある。

 同日までに労働組合と妥結した。短時間勤務の1400人については勤続3年以上で無期雇用に切り替える。いずれも希望者を対象に来年10月から実施する。

 契約社員は、生命保険の引き受けから支払いまでに関わる事務や顧客対応などを担当。フルタイム契約社員は、総合職や業務職(異動のない総合職)をサポートする一般職に切り替わる。昇給幅が引き上がり、希望すれば業務職に移れる可能性もあるという。

「ニュース」のランキング