産経ニュース

“EOS M10”と標準ズームレンズ“EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM”を発売

ニュース 経済

記事詳細

更新


“EOS M10”と標準ズームレンズ“EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM”を発売

キヤノン株式会社
ボディーを自分好みにコーディネートできるミラーレスカメラ“EOS M10”と 小型・軽量のミラーレスカメラ専用標準ズームレンズ“EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM”を発売

キヤノンは、豊富なコーディネートアクセサリーによりボディーの外観スタイルがカスタマイズ可能なミラーレスカメラ“EOS M10”と、小型・軽量設計を実現したミラーレスカメラ専用交換レンズ“EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM”を2015年10月29日より発売します。

■キヤノン一眼レフカメラ/ミラーレスカメラホームページ:http://canon.jp/eos
[画像1: http://prtimes.jp/i/13980/22/resize/d13980-22-185603-1.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/13980/22/resize/d13980-22-877132-2.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/13980/22/resize/d13980-22-833319-3.jpg ]

 “EOS M10”は、レンズ交換式カメラ「EOS」のコンセプトである「快速・快適・高画質」を継承しながら、簡単な操作でユーザーのイメージに近い背景ボケや明るさなどの撮影設定が可能なミラーレスカメラです。シンプルで分かりやすい操作性を実現しており、初めてレンズ交換式カメラを使用するユーザーや、簡単・手軽に高画質な写真や動画を撮影したいと考えるコンパクトデジタルカメラやスマートフォンでの撮影からのステップアップユーザーにも最適です。

■ 小型・軽量ボディーとカスタマイズが可能な外観スタイル
 APS-Cサイズ・約1,800万画素のCMOSセンサーと最新の映像エンジンDIGIC 6を搭載しながら、標準ズームレンズ“EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM”との組み合わせでは質量約431g(※)の軽量ボディーを実現しています。また、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズできるフェイスジャケットやグリップなどのアクセサリー(別売)を豊富にそろえており、外観をアレンジしながら使用することが可能です。

■ こだわりの自分撮りが可能なチルト式液晶モニターと撮影モードを搭載
 タッチパネル操作やタッチシャッターが可能で、上方向に約180°可動するチルト式液晶モニターを採用しており、自分撮りを行う場合もライブビューでピントや設定を調整・確認しながら撮影することが可能です。さらに、タッチパネルによる直感的な操作によって背景ボケや明るさといった撮影効果の設定が可能な「クリエイティブアシスト」機能を搭載しており、初めてレンズ交換式カメラを使用するユーザーも簡単に撮影意図に沿った撮影設定が可能です。

[表: http://prtimes.jp/data/corp/13980/table/22_1.jpg ]

※ CIPA規格に準拠。本体にはバッテリー・メモリーカードを含む(レンズキャップを除く)。

「ニュース」のランキング