産経ニュース

トヨタ自動運転車に乗ってみた! 想像以上の安定感 合流や車線変更も楽々

ニュース 経済

記事詳細

更新


トヨタ自動運転車に乗ってみた! 想像以上の安定感 合流や車線変更も楽々

自動運転で高速道路への合流もできるトヨタ自動車の実験車=6日、東京都江東区有明のTFTホール(会田聡撮影)

 トヨタ自動車は6日、平成32年ごろの実用化を目指す自動運転技術を公開した。高速道路で先行車両に追従するだけでなく、合流や車線変更なども可能にした。記者が助手席に乗って体験。想像以上に安定した走行に驚かされた。

 「自動運転に入ります」。運転手は首都高速道路に入り、ハンドルの走行モード切り替えボタンを押すと両手を離した。両足もペダルから外すが、実験車は目的地に向け走り続けた。

 同乗したのは東京都江東区周辺の「有明」から「福住」の両インターチェンジ間の約8キロ。自動走行を始めて早速、ナビの音声が「合流します」と案内。自動で方向指示器がつくとすんなりと本車線に入った。

 あっけにとられた記者にトヨタの担当者は「車体の前後左右に計11個のレーダーなどを搭載し、ほかの車両や車線を検知して最適な走行をするんです」と説明。その後も基本は法定速度で左車線を走行しつつ、地図情報を基に急カーブ前には減速し、約10分間の体験中に危険を感じることはなかった。「実用化には課題がある」(担当者)というが、高速道路に“両手放し”の運転手があふれる未来は近いと実感した。(会田聡)

「ニュース」のランキング