産経ニュース

TPP、乳製品も「着地点見えた」閣僚会合3日目、甘利氏が認識 3日まで交渉続く見通し

ニュース 経済

記事詳細

更新


TPP、乳製品も「着地点見えた」閣僚会合3日目、甘利氏が認識 3日まで交渉続く見通し

 【アトランタ=西村利也】米アトランタで開かれている環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の閣僚会合は2日(日本時間3日)、3日目の協議を開いた。課題となっていた新薬データ保護期間や乳製品関税などについて関係国間で事務折衝や2国間協議を進め、妥結点を探ることを確認。複数国の利害が絡んで難航していた乳製品は決着に向け前進した。残る米国とニュージーランドの対立解消を急ぐ。

 交渉は、3日に予定されている交渉参加12カ国の記者会見直前まで、断続的に続けられる見通しだ。

 この日の全体会合は約20分で終了。甘利明TPP担当相は会合後、記者団に対し、交渉の焦点のひとつだった自動車分野について、「(妥結まで)あと一歩の所まできていることを全体会合で説明した」と述べ、大きな成果があったことを強調した。

 また、最も難航する知的財産の進捗状況については、「非常に難しい課題が残っているが、関係国で最大の工夫がなされている。間合いは狭まりつつある」と、わずかながら進展があったことを説明。乳製品については「日本、カナダ、メキシコについては、ほぼ着地点が見えてきている。課題はニュージーランドと米国の関係だ」との認識を示した。

 交渉参加12カ国は、当初1日までの予定だった閣僚会合の日程を2日まで延長することを決定。交渉筋によると、交渉は2日深夜から3日午前中まで、12カ国の閣僚会合に加え、2国間協議や事務折衝が断続的に行われるとみられる。

「ニュース」のランキング