産経ニュース

TPP、米国産米をMA枠内でも優遇 MA外の7万トン含めて実質10万トン以上に

ニュース 経済

記事詳細

更新


TPP、米国産米をMA枠内でも優遇 MA外の7万トン含めて実質10万トン以上に

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉をめぐる日米協議で、日本が既存のミニマムアクセス(MA、最低輸入量)の枠内で米国産米の優遇措置を導入する方向で調整していることが28日、分かった。米国産米に関しては、すでにMAの枠外で7万トンの特別輸入枠を新設する案がほぼ固まっているが、MAの枠内でも優遇することで実質計10万トン以上の輸入枠とする。これにより、日本は大幅な輸入拡大を求める米国の理解を得たい考えだ。

 日本は平成5年に合意した関税貿易一般協定(ガット)の多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の結果、MAとして年間約77万トンのコメを無関税で輸入している。主な輸入先は米国やタイ、オーストラリア、中国などとなっている。

 TPP交渉の日米協議では、日本が輸入米にかける1キロ341円の関税を維持する代わりに、米国産米についてはMAの枠外で特別輸入枠を新設、規模を発効から13年目までに段階的に7万トンまで拡大する。枠内の関税はゼロだが、政府が輸入差益を徴収する「売買同時入札方式」を採用する方向だ。

「ニュース」のランキング