産経ニュース

【VW排ガス不正問題】EU、2年前に違法ソフトの存在把握か VWは数週間内のリコール開始検討

ニュース 経済

記事詳細

更新

【VW排ガス不正問題】
EU、2年前に違法ソフトの存在把握か VWは数週間内のリコール開始検討

 【ベルリン=宮下日出男、アトランタ=小雲規生】独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)による不正な排ガス規制逃れ問題で、欧州連合(EU)が2013年時点で、ディーゼルエンジン車に搭載された違法ソフトウエアの存在を把握していた可能性が浮上した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が27日までに報じた。一方、VWは27日、数週間以内のリコール(回収・無償修理)開始を検討していることを明らかにした。ドイツ紙が伝えた。

 FTによると、EU欧州委員会の研究機関は13年にまとめた報告書で、一部ディーゼル車について調査の結果、路上走行時の窒素酸化物(NOx)の排出量がEUの基準値を大きく上回ったことを指摘していた。

 報告書は車両に搭載された装置には試験を感知して排ガス量を減らす機能があると指摘。ディーゼル車については屋内試験に加え、路上走行による試験も導入すべきだとしていた。

 EUは07年以降、こうしたソフトウエアの使用を禁じ、走行試験の導入も図ったが実現していない。同紙はEUが独自調査などに取り組まず、「問題を追及しなかった」とも指摘した。

「ニュース」のランキング