産経ニュース

【開発ヒストリー】知名度抜群「よこすか海軍カレー」 100万食達成へ新製品投入 調味商事 

ニュース 経済

記事詳細

更新

【開発ヒストリー】
知名度抜群「よこすか海軍カレー」 100万食達成へ新製品投入 調味商事 

海軍カレーは栄養を補うため牛乳とサラダを一緒に食べるのが伝統的な食べ方

 調味商事はレトルト食品として売り出すため明専務の実父の映男社長らが奔走。カレーの食べ歩きから始まり、県産牛肉など地元食材の調達、レシピを再現して生産する食品工場の確保、包装紙のデザインや発注など特産品事業で得たノウハウを生かし、カレー宣言から間もない7月の発売にこぎ着けた。

 海軍カレーを家庭の食卓でも手軽に食べられるようにした「よこすか海軍カレー ネイビーブルー」(希望小売価格は1食500円、税別)は、じっくり煮込んでいるため、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンなど野菜類がソース状に溶けている。濃厚な味が特徴で、辛・甘・酸味のバランスはほどよい。

 当初は主にレストランなどに卸す業務用が中心だったが、お土産品需要のほか贈答品として地域の産物を送りたいという市民の潜在願望を取り込んだ。現在、年間60万~70万食、4億円程度を売り上げている。25年には販売累計が1000万食を超えた。特産品事業の売り上げの約8割を占め、稼ぎ頭になっている。産経デジタルが運営する「産経ネットショップ」(http://sankeishop.jp)でも、神奈川産品の一つとして、「よこすか海軍カレー」を中心としたオリジナルセットを販売している。

 明専務によると、当面の売り上げ目標に掲げる年間100万食の達成に向け、近く市内のレストランと協業し新たなレトルトの海軍カレーも発売する予定という。(佐藤克史)

このニュースの写真

  • 知名度抜群「よこすか海軍カレー」 100万食達成へ新製品投入 調味商事 
  • 知名度抜群「よこすか海軍カレー」 100万食達成へ新製品投入 調味商事 

「ニュース」のランキング