産経ニュース

牛丼大手3社、そろって値下げ 期間限定で並盛り50~80円安 客足回復狙うが消耗戦の懸念も  

ニュース 経済

記事詳細

更新


牛丼大手3社、そろって値下げ 期間限定で並盛り50~80円安 客足回復狙うが消耗戦の懸念も  

 牛丼チェーン大手3社が9月下旬以降、牛丼の値下げキャンペーンを相次ぎ実施する。並盛り価格を50~80円の幅で下げる。各社は昨年末から4月にかけて実施した値上げで客数の減少が続いており、期間限定ながらも値引きを実施することで遠のいた客足の回復につなげる狙い。ただ、デフレ下で過熱した値下げ戦争で「牛丼イコール割安」というイメージが定着しており、価格以外の価値訴求に苦しんでいるのが実情だ。 ゼンショーホールディングスは25日、傘下の「すき家」で、29日から10月8日までの期間限定で牛丼全品を60円値下げすると発表した。通常350円の牛丼並盛りは290円になる。期間限定の値下げは、平成25年12月以来になるという。 すき家は4月から、牛丼価格を値上げしたことで客離れを招き、4~8月までの既存店の累計客数が前年同期比10%超も減少した。このため、期間限定ながら値下げを行うことで価格志向の客層の来店につなげる考えだ。ただ、会見した事業会社のすき家本部(東京都港区)の興津龍太郎社長は、恒常値下げの可能性について「現段階では全く考えていない」と否定した。

「ニュース」のランキング