産経ニュース

【経済インサイド】中国経済最前線を視察する大学生を同行ルポ 産業ロボの需要拡大 日本のソフトパワーを改めて実感

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
中国経済最前線を視察する大学生を同行ルポ 産業ロボの需要拡大 日本のソフトパワーを改めて実感

安川電機が江蘇省常州市で本格生産を開始した産業用ロボット工場で、青く塗装されたロボットアーム(右)の操作を体験する中央大学の学生(河崎真澄撮影)

                 ◇

 海外で働くことに興味をもっているという法学部1年生の菅野葵さんは「中国に来てみて世界情勢や政治の動きが経済の世界も大きく左右していると感じた」。共産党一党支配の中国が抱える難しいビジネス環境に思いをはせたのだろうか。

 日中関係や外交に関心を抱く法学部1年生の田中僚さんは、上海理工大学の学生との交流などを通じて、「中国の若者はアニメを中心にびっくりするくらい日本のことに詳しいが、日本人はどこまで中国や中国人のことを知ろうとしているのか」と疑問を持った。仮に歴史問題をめぐって論争になったとき、自分たちの知識が乏しければ、「反論すら難しいのでは」という。

 政治的な交渉や外交を「ハードパワー」とすれば、アニメに限らず民間ベースで文化や考え方を伝え合う「ソフトパワー外交」には、なおも困難な局面にある日中関係を打開する力がありそうだと田中さんはみる。

「ニュース」のランキング