産経ニュース

【経済インサイド】中国経済最前線を視察する大学生を同行ルポ 産業ロボの需要拡大 日本のソフトパワーを改めて実感

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
中国経済最前線を視察する大学生を同行ルポ 産業ロボの需要拡大 日本のソフトパワーを改めて実感

安川電機が江蘇省常州市で本格生産を開始した産業用ロボット工場で、青く塗装されたロボットアーム(右)の操作を体験する中央大学の学生(河崎真澄撮影)

 電機大手の知財部門でインターンシップの経験がある理工学部3年生の山口由衣さんは「特許をいかに重視すべきか」について、中国に来てみて関心をさらに深めた様子。日本企業が先行する産業用ロボット。安川電機現地法人の荒木社長が考えている「ソフトウエアの優位性」も、しっかりと保護されていくことが前提となる。

 産業用ロボット工場以外にも一行は約1週間の期間中、ジェトロに加えて、江蘇省や上海市で日系の建機大手や食品大手の現地工場、大手会計事務所や地元工業団地、中国資本の貿易会社など、幅広い分野を視察先としている。駐在員のみならず日本留学経験のある中国人ビジネスマンからも話を聞いた。

 研究開発面から「中国人の頭脳に関心がある」と話すのは理工学部3年の奥田圭さん。奥田さんはレーザーなどを使った画像技術を医療に応用する分野の研究職を目指しているが、「各国が得意分野を持ち寄る研究開発の国際連携が進む中、中国と中国人の役割が今後、大きくなるのでは」と考えている。

「ニュース」のランキング