産経ニュース

【経済インサイド】立ち食いそば業界が続々とリニューアル 店内製麺、ちょい飲み、家族向け店舗…多角化で顧客層拡大へ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
立ち食いそば業界が続々とリニューアル 店内製麺、ちょい飲み、家族向け店舗…多角化で顧客層拡大へ

ランチメニューの充実や女性でも入りやすい清潔な店舗づくりなど幅広い客層を取り込むため立ち食いそばチェーン各社が独自性を打ち出している=東京都港区の名代 箱根そば田町芝浦店

 幅広い顧客を取り込もうと、立ち食いそば業界があれこれ知恵を絞っている。付加価値の高いメニューをそろえたり、店内で打ち立ての麺を提供するなど、各社とも独自性を打ち出している。立ち食いそばは、マスコミなどの露出ではライバルの牛丼チェーンなどの陰に隠れ気味だが、従来のサラリーマン中心から、より幅広い客層の獲得に力を入れるなど、気を吐いている。

そばのアイデアコンテスト

 夏真っ盛りの8月5日の小田急新宿駅コンコース。箱根そば開業50周年記念キャンペーンのメニューコンテストの入選作品がお披露目された。

 入選作の「夏の衝撃!ミョウガとトマトの冷しカレーそば」と「冷しキーマカレーそば」はそれぞれ期間限定で1杯500円で提供されている。刺激的なカレー味という斬新なアイデアが食欲をそそる。

 小田急線沿線を中心に52店舗の「名代 箱根そば」を運営している小田急レストランシステムの清水一洋・箱根そば事業部長は「高付加価値メニューを提供し販売を伸ばす」とコンテストの狙いを語る。

 今後、力を入れるのは、沿線にゆかりのある食材を生かした期間限定メニューの開発。これまでに「相模湾の恵み 湘南しらすそば」、「丹沢の恵み 大山とうふそば自然薯(じねんじょ)がけ」の販売実績があり、秋、冬にも新たな限定メニューを予定している。

「ニュース」のランキング