産経ニュース

【新国立競技場】大成建設・村田社長「絶対やりたい、思いある」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【新国立競技場】
大成建設・村田社長「絶対やりたい、思いある」

インタビューに応じる大成建設の村田誉之社長(大島直之撮影)

 --新国立競技場の建設計画にどう取り組む

 「予算の関係などもあって一度は白紙となったが、積極的に取り組んでいきたい。今回は予算の枠があり、条件も明確に出ているのでやりやすいと思う。(旧計画のような)コストがつかみにくいデザインではなくなることもある」

 --設計業者についてはパートナーを探すのか

 「そうだ」

 --旧国立競技場も手がけた

 「大きなプロジェクトではそういった歴史的経緯も大事だ。絶対やりたい、という思いはある」

 --リニア新幹線では難所の南アルプストンネルの工事を手がける

 「社会的な注目も高い国家的プロジェクトだけに積極的に取り組む。社員の士気も高まる。今後も(受注した山梨県側の工区以外にも)ぜひとも仕事を取っていきたい」

 --五輪後は国内市場の縮小が予想される

 「国内は平成30~31年までがピーク。リニアの工事は残るが、先行きは不透明になる。(ゼネコン)各社とも海外進出を加速させるだろうが、海外で勝てるように技術力や営業力を磨かなければならない」

「ニュース」のランキング