産経ニュース

ドコモがMNPでiPhone6s「実質0円」に のりかえボーナス、チェンジ割など適用

ニュース 経済

記事詳細

更新


ドコモがMNPでiPhone6s「実質0円」に のりかえボーナス、チェンジ割など適用

 アップルの新型スマートフォン「iPhone6s」「6s Plus」の予約開始に伴い、大手通信キャリア3社の料金プランが出揃った。他社からの乗り換え(MNP)では、ドコモが6s、6s Plusともすべての容量モデル(16、64、128GB)で端末価格は最安となった。ネットワークをみてもドコモが発売日から開始するPREMIUM 4Gは国内最速となる下り最大262.5Mbpsとなっており、auの225Mbps、ソフトバンクの187.5Mbpsと比べて優位に立ちそうだ。

 ドコモは、総額から1万800円割り引かれる「のりかえボーナス」を実施することで、MNPの場合、6sの16GBで実質0円、64GBで522円、128GBで1062円となり、au(16GB:670円、64GB:1205円、128GB:1740円)、ソフトバンク(16GB:648円、64GB:1188円、128GB:1728円)に差をつけた。

 6s Plusでも16GBで522円、64GBで1062円、128GBで1602円となり、au(16GB:1205円、64GB:1740円、128GB:2275円)、ソフトバンク(16GB:1188円、64GB:1728円、128GB:2268円)と比べて最安となった。

 一方、auとソフトバンクは、新型iPhoneの発売に合わせて、1回あたり5分以内の通話なら何度かけても無料とする新たな料金プランを実施。3社横並びだったかけ放題の通話定額プランを1000円値下げし、月額1836円とする。

「ニュース」のランキング