産経ニュース

【消費税負担還付制度】財務省案の見直し示唆 麻生氏「こだわるつもりない」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【消費税負担還付制度】
財務省案の見直し示唆 麻生氏「こだわるつもりない」

 麻生太郎財務相は11日の閣議後会見で、消費税再増税時の負担軽減策として、財務省が示した還付制度案について、「多角的な検討があると思う」として、与党内の協議で内容が見直される可能性を示唆した。同日開かれた自民・公明両党の党内議論では財務省案への異論が噴出、白紙化も含めた見直しは避けられないとみられる。

 麻生財務相は、財務省案を平成29年4月の再増税と同時に実施するかについては、「こだわるつもりはない」と明言。「カードが間に合わないとか、読み取り機が配布されていないなどが十分考えられる」として、運用開始に時間がかかるとの見方を示し、財務省案のままでは負担軽減が後手に回る問題点があることを認めた。

 また、財務省案をあくまで「軽減税率の課題を克服する議論のたたき台」とし、「消費者の利便性や事業者への対応など、さまざまな意見が出るのは当然で、多角的な検討があると思う」と修正を容認した。

 一方、自民党の会合でも財務省案の実現性を疑問視する声が相次ぎ、「下手をすれば政権が倒れかねない」と白紙撤回を求める意見も上がった。

「ニュース」のランキング