産経ニュース

世界株安 東京市場はあくまで強気「年末に2万~2万3000円回復」

ニュース 経済

記事詳細

更新


世界株安 東京市場はあくまで強気「年末に2万~2万3000円回復」

 中国を発端とする世界経済の減速懸念が意識されて21日に2万円割れとなった日経平均株価だが、年末までに2万~2万3000円まで上昇するとの強気見通しを崩さない市場関係者は多い。日本企業の業績が好調を維持していることや、日銀、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)などの“官製マネー”による買い支えが続いていることが理由だ。

 楽天証券経済研究所の窪田真之氏は「原油安、円安、米景気回復と日本企業を取り巻くトリプルメリットは続く。日経平均の2万円割れは買いの好機だ」と指摘。明治安田生命保険の謝名憲一郎氏も「日経平均がほぼ右肩上がりで上昇してきたことによる一時的な調整局面の側面もある。今後は徐々に上がる」と分析する。

 米利上げを意識した動きとの見方もある。野村証券の若生寿一氏は「世界的な金融緩和で金余りの資金が株式市場に流れていたが、利上げで引き締まる。こうした転換期には下落はつきものだ」と述べ、一時的要因との見方を崩さない。

 ただ裏を返せば、中国経済の減速によって日本企業が打撃を受ける事態に陥れば、平均株価は一気に下落することも予想される。

「ニュース」のランキング