産経ニュース

キリンHD、ミャンマービール最大手を買収、約700億円

ニュース 経済

記事詳細

更新


キリンHD、ミャンマービール最大手を買収、約700億円

 キリンホールディングス(HD)は19日、ミャンマーのビール最大手「ミャンマー・ブルワリー」(MBL)を買収したと発表した。MBLに55%を出資していたシンガポールの飲料大手のフレイザー・アンド・ニーヴから、全保有株を同日付で買い取り、連結子会社化した。株式取得額は約697億円。日本国内のビール市場が少子化で縮小を続ける中、急速な経済発展で成長を続ける同国市場開拓が不可欠と判断した。 MBLは、同国の国民的ビールブランド「ミャンマー・ビール」や「アンダマン・ゴールド」などを持ち、同国ビールシェアで半数以上を握るトップ。2014年の業績は売上高が約250億円で、最終利益は約64億円となっている。

 ミャンマーのビール市場は経済成長に伴う海外文化の流入で急速に伸びており、キリンHDは「今後の消費拡大が見込まれる有望市場」と説明している。

 キリンHDは内需縮小を補うため海外展開を加速。09年には豪州ビール大手「ライオンネイサン(現ライオン)」を完全子会社化し、11年にはブラジルのビール大手「スキンカリオール(現ブラジルキリン)」を100%子会社化している。

「ニュース」のランキング