産経ニュース

巨額買収は吉か凶か 日経、海外展開FTに賭ける 「社運かけているともいえる買収金額」との指摘も

ニュース 経済

記事詳細

更新


巨額買収は吉か凶か 日経、海外展開FTに賭ける 「社運かけているともいえる買収金額」との指摘も

会見する喜多恒雄・日本経済新聞社代表取締役会長(右)と岡田直敏・日本経済新聞社代表取締役社長(中央)=24日午後、東京・内幸町(宮川浩和撮影)

 巨額買収は吉と出るのか-。日本経済新聞社が英有力経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)を発行するFTグループの買収を発表したことを受け、国内外から驚きの声が上がった。日本を代表する巨大経済メディアの勝ち残りの一手に注目が集まっている。

 「FTグループの収益力や利益水準は高くないはず。高値づかみの可能性もあるが、何としてでも(FTを)取りたかったのだろう」。国内シンクタンクのエコノミストはこう分析する。

 日経の連結売上高(平成26年12月期)は3006億円で、今回の買収金額(約1600億円)はその半分を超える。米アマゾン・ドット・コム創業者が米紙ワシントン・ポストを買収した金額の約5倍で「社運をかけているともいえる買収金額」(エコノミスト)だ。24日の記者会見で日経の岡田直敏社長は「この金額を出しても成長できる」と強調した。

「ニュース」のランキング